多汗症 原因 病気 関係

その多汗症の原因は病気かもしれない?病気との関係について

多汗症の原因はいろいろありますが、自分で対処法を実践しても改善出来ないという場合は病気かもしれません。
病気が原因であれば、病気自体を治療しないと多汗症は治りませんから、心当たりがある場合は調べましょう。

 

病気と多汗症との関係性を知っておこう

病気によって多汗症になる場合は、発汗を促す代謝機能や内分泌に異常が起こっているか、循環器もしくは中枢神経の病気である可能性があります。

代謝や内分泌は汗の分泌に関わっていますし、循環器や中枢神経は汗腺に刺激を与えるため、これらの機能や部位に病気があると汗がたくさん出るようになります。
病気かどうかを判断する目安としては、汗が出る状態は併発する症状を参考にするといいでしょう。
代謝異常だと多汗以外に動悸や体重の減少が起こりますし、白血病の場合は寝汗を大量にかきます。
このように病気によって多汗の症状が違いますが、いずれにしても病気の種類によっては汗の分泌が促進されたり汗腺が刺激されて多汗症が引き起こされることがあるのです。

 

病気が原因の場合はどうすればよい?

代謝や内分泌異常などの病気はポピュラーではないので、どんな病気が原因かわからないという方も多いでしょう。

多汗を引き起こす病気はいろいろありますが、中でも多いのは甲状腺機能亢進症(バセドー病)や褐色細胞腫、糖尿病や結核などが挙げられます。
いずれの病気も進行すれば重症化してしまいますから、多汗症で気になる症状があればすぐに病院にいく必要があります。
病気が原因であれば疾患に対する治療が最優先なので、総合病院などいろいろな科目がある医療機関を受診するといいでしょう。