多汗症 服の黄ばみ ニオイ 関係

多汗症による服の黄ばみはどうしたら良いの?ニオイとの関係は?

基本的に汗のほとんどは水なので、無味無臭無着色です。
しかし、アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂肪酸、アンモニアなどさまざまな物質が混ざり合っていて、その中にルポフスチンという色素も入っています。
そのため多汗症でアポクリン汗腺からも汗が分泌されている場合は、この色素のせいで黄ばみが起こることがあります。

 

多汗症による黄ばみの解消法

汗が原因の黄ばみは、皮脂汚れなどによる黄ばみとは異なる性質があるので、普通の漂白剤だけでは落とせません。

多汗症による黄ばみを解消するには、皮脂汚れを落とす塩素系漂白剤ではなく酵素系の漂白剤と重曹を用意してください。
そして、酵素系漂白剤と重曹を小さいボールなどに入れてしっかり混ぜてペーストを作ります。
このペーストを黄ばんでいる部分に塗って、ドライヤーの温風やスチームを当ててしっかり浸透させたら洗濯をしましょう。
一手間ですが、漂白剤ペーストは汗の黄ばみをしっかり分解してくれるので、すっきり綺麗にすることができます。

 

ニオイが出る原因と対策について

普通の汗でも放っておくとニオイがきつくなりますが、多汗症だと常に湿った状態が続くためよりニオイが強くなります。

このニオイの原因となるのは雑菌です。
雑菌は蒸れて湿った環境だとどんどん繁殖して分泌物を出します。
この分泌物が分解されると異臭がするので、多汗症で雑菌の繁殖が通常よりも盛んになるとニオイが出てくるのですね。
多汗症によるニオイを解消するには、雑菌が好む環境を作らないことが大切なので、こまめに汗を拭き取って清潔にしましょう。
また、制汗剤を利用して汗を抑えるのも有効なので、拭き取りと併せて行えばニオイの予防に効果的です。