タバコ 禁煙 多汗症予防 関係

タバコを禁煙することで多汗症予防ができるのか?その関係について

多汗症というのは、単に大量の汗が出るだけではなく、日常生活に大きな支障を与えます。
衣服は常に湿った状態になりますし、人に手を触れることもできませんし、肌トラブルも起こりやすくなります。
このような厄介な多汗症の原因の一つとなるのがタバコです。

 

何か関係がある?タバコと多汗症

タバコにはいろいろな有害物質が含まれていますが、その中で汗に影響を与えるのがニコチンです。

ニコチンには交感神経を刺激する中枢神経を興奮させる働きを持っています。
つまり、タバコを吸ってニコチンが体内に入る度に中枢神経が興奮してしまうため、交感神経が刺激されて汗腺が活性化するのです。
汗腺の働きが活性化されると、汗がたくさん出るようになりますし、気温や体の状態に関係なく汗が分泌されるため多汗症が引き起こされてしまいます。

 

禁煙をすれば多汗症が予防できる?

タバコは多汗症の原因の一つとなるので、禁煙をすることは予防につながると言ってもいいでしょう。

ただし、あくまで「原因の一つ」であり、タバコ以外の原因で多汗症になるかもしれません。
ですので100%完璧に予防出来るということではありませんし、禁煙のやり方によっては多汗症が発症することもあります。
タバコをやめることでストレスを感じる場合、常にストレスを受け続けてしまうため自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になります。
すると結果的に汗腺が刺激されて多汗症になることもあるのです。
禁煙で多汗症にならないようにするには、ストレスを溜めないようにしなくてはいけませんから、無理をしすぎないように禁煙外来などを利用して禁煙しましょう。