頭皮 多汗症 薄毛 原因 対策方法

頭皮の多汗症が薄毛になってしまう原因と対策方法について

多汗症には、全身に症状が出る全身性多汗症と、特定の部位だけに多汗が起こる局所性多汗症があります。
局所性多汗症の症状は頭皮に出ることもあり、場合によっては薄毛が引き起こされるので注意しましょう。

 

多汗症による薄毛について知っておきたい事

多汗症で薄毛になるのは、汗をたくさんかくせいで頭皮環境が悪化するからです。

頭皮は、普通でも髪の毛や皮脂の分泌量が多く蒸れやすい環境にあるので、雑菌が繁殖してしまいます。
また汗の分泌が増えすぎると毛穴も詰まりやすくなり、頭皮環境が悪化して毛根組織の働きが低下するので抜け毛が増えます。
さらに、多汗症が頭皮に起こると慢性的にストレスを感じるようになることもあるでしょう。
ストレスを受けると交感神経が活発になり、血管の収縮リズムが乱れて血行不良が起こるので、栄養不足によって薄毛になってしまうこともあります。

 

これは大事!薄毛の対策方法

汗が原因の薄毛は、頭皮と心の状態を改善することが一番の対策方法です。

まず最初にやらなくてはいけないのは、不衛生になった頭皮環境を改善することなので、頭皮をしっかり洗って毛穴の詰まりなどを解消しなくてはいけません。
ただし、洗いすぎたりごしごし洗って傷つけたりすると、乾燥などで頭皮環境が悪化するので注意が必要です。
洗うのは1回でもいいので、指の腹で毛穴の汚れを落とす様にきちんと荒い、同時に頭皮をマッサージして柔軟にしましょう。
またストレスも薄毛の大敵なので、質の良い睡眠を心がけて精神のダメージを修復したり、入浴などリラックス出来る時間を作ってストレスを緩和するのも効果的です。